Biography

avatarZOMBIE SAM is an eccentric soundtrack composer/orchestra conductor and plays his unique blend of cinematic horror rock/industrial, infused with heavy, catchy guitar riffs and addictive story-lines.

It all started as a one-man-band in 2011, one year later evolved into a trio and finally, after the name change in 2014, Zombie Sam (compositions, orchestrations and all the instruments) keeps the career as Soundtrack/Music Producer.

The band brought forth their debut album as ZOMBIE SAM in June 2013, titled “Self Conscious Insanity”, released internationally under Coroner Records (IT) and distributed by eOne in the U.S. The album is characterized by a trademark dark fairytale, Halloween- ish atmosphere. The record also features SOPHIA, of SEASON OF GHOSTS (ex-BLOOD STAIN CHILD) on two, haunting tracks, “A Hallow Tale” and “The Awake”

Sam has been working as a soundtrack and music producer for several years, graduated from the Giuseppe Verdi’ s Academy of Music with Honours and had the privilege to have been student of the legendary orchestra conductor, Claudio Abbado. He has traveled a lot, working as composer and arranger with various, European orchestras, composing music for advertisements, film and video games and has also been involved in many band projects with famous touring acts, as professional session musician.

Currently working as SOUNDTRACK/ MUSIC PRODUCER for his company, INVICTUS MEDIA.

BANDS:
ZOMBIE SAM (GUITAR/PRODUCER)
SEASON OF GHOSTS – (GHOST LEGION -guitar-)

Japanese Biography:

ゾンビ・サム エキセントリックなサウンドトラック作曲家であり、オーケストラ指揮者でもあるゾンビ・サム(ZOMBIE SAM)。その映画的なホラー・ロックとインダストリアルを組み合わせた彼特有の音楽は、重厚で耳に残るギターリフとくせになるような物語性で彩られています。 2011年に一人だけのバンドとして始まり、1年後には3人に、そして最終的に2014年の改名を経て、ゾンビ・サム(作曲、編曲そして全楽器の演奏担当)はサウンドトラック/音楽プロデューサーとしてのキャリアを取りました。 2013年6月にゾンビ・サム名義のアルバム「セルフ・コンシャス・インサニティ(Self Conscious Insanity)」をコロナ―レコード(イタリア)から世界に向けてリリース。アメリカではeOneが発売元のこのアルバムは、独特のダークなおとぎ話やハロウィーン的世界観が特徴的です。アルバムの一度聴いたら忘れられない収録曲、「A Hallow Tale」と「The Awake」の2曲には、シーズン・オブ・ゴーストのソフィア(元BLOOD STAIN CHILD)が参加しています。 サウンドトラック兼ミュージックプロデューサーとして数年に渡る活動をしているサムは、ジュセッペ・ベルディ音楽院を優秀な成績で卒業した後、高名なオーケストラ指揮者、クラウディオ・アッバードの元で学ぶという幸運に恵まれました。精力的に旅行をしながら、ヨーロッパの様々なオーケストラのための作曲や編曲、また広告や映画、ビデオゲーム音楽の作曲を手掛けています。さらにプロのセッションミュージシャンとして、多くのバンドの有名なツアーにも参加しています。 現在は、自身の会社インビクタス・メディア(INVICTUS MEDIA)のサウンドトラック/音楽プロデューサーとして活躍中です。 バンド: ゾンビ・サム(ギター) シーズン・オブ・ゴースト– (ゴースト・リージョン-ギター-)